開業にも有利?マーケティング職のメリット

8月 7, 2017 · Posted in · 開業にも有利?マーケティング職のメリット はコメントを受け付けていません。 

マーケティング職として働くメリットは、どんな業界の企業に就職するかで多少違いはありますが、全体的なことで言えば収入が一般職に比べて良いということではないでしょうか。企業勤務のため、休日もしっかり取れるのもメリットの1つです。業務の時間を自分で調整しやすいのも他の業種とは異なるメリットと言えるでしょう。柔軟な勤務体型に、充実した収入や休日は誰にとっても嬉しい環境でしょう。それに、マーケティングは基本的にノルマがないというのもメリットです。

マーケティングは、自社の商品開発や業績アップのためのリサーチには欠かせない仕事です。開業からのマーケティングに携わることも多く、幅広いデータを的確に分析し、客のニーズや方向性を考察する能力も問われます。さらにそこから求められる商品やサービスをプランニングしたり、商品開発に反映させたりするアイデアを持っていることも重要です。また、マーケティングに求められる能力ははじめから備わっているものもありますが、経験を積んでいく過程で鍛えられていくものも多いでしょう。

企業でマーケティング職としてスキルを積むことは、組織から離れて起業する場合にも十分役に立ちます。個人事業主になると自ら仕事を取ってくる必要があるため、マーケティング能力が求められるからです。企業でマーケティング職として従事している時にも収入や休日面だけでも考えられるメリットは十分ですが、独立する時にもスキルを生かしやすいこともメリットと言えるでしょう。特に開業時のマーケティングに多く携わっている人にとって、新たに自分で何かを始める時には有利な経験です。

ですが、そうは言っても開業をする職種がマーケティングではない場合、企業に就職するなら開業する職種の経験を得たいと思うものでしょう。例えば開業したい職種がSEならばSEとして企業に就職したいと思うものです。SEになる前もしくはなった後に、開業したいからマーケティング職に携わろうと思う人は少ないのではないでしょうか。その場合は少しでもマーケティングに関する情報を集めておくと良いでしょう。マーケティングに関する知識が多少なりともあるのとないのでは、やはりないよりもある方がうまくいく確立が高いのです。そのため、個人事業主として開業するのであれば、それに際して求められるマーケティングの知識を頭に詰め込んでおく必要があるのです。